一家に1人のセラピストって。。

[一家に一人のセラピスト]

私が会社員からセラピストへの転向を決めた原因の1つは、
母が倒れ、そこから大変な体調不良になり、同時に自分も子宮ガンの検診で引っかかり、健康や身体への不安が襲い。。

自分が身体や健康の知識と楽になる技術を身につけたら。。この不安も解消され、母の体調へも何かできるのでは。。という想いでした。

そこからセラピストになり。。
母の身体にも携わることができ。。
母は奇跡的と言っていいくらい元気に。

そして今。。
実家に帰れば母のトリートメントができ、

普段家では。。
背中が痛いと言う旦那さんや
サッカー後にパンパンに張った身体のメンテナンスで息子にと。。

ぱぱっと手当てができる。。

どこかに行かなくても家でパパッとできるのって、お互いとっても手軽でいいみたい(^^)

家族の身体に携わることで、身体の変化に気付けたり。。
いくつになっても家族のコミュニケーションとしてもありがたいギフトです。。

☆☆☆

ウイルスや自粛と。。
不自由なことが続いたり、健康の大切さを心から感じる今日この頃。。

まず身近な人の健康と元気の維持に・・・

そして元気は笑顔に変わり。。
その元気とハッピーは家族の外への元気とハッピーに連鎖する(*´∇`*)

身近な人をまず幸せに。。

一家に1人のセラピスト。。
共に目指しませんか?(*´∇`*)♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。